元彼と復縁の可能性を高めるメールの回数とは?チャンスを無駄にしないで!

理想的なメールの回数って?

復縁を願う女性に多い悩みの1つが、メールの回数です。

メールを多くすればするほど効果的、だと思われている方がたくさんいますが、残念ながらそれは間違いです。

反対に、全くメールをしない、というのも間違いです。

大切なことは、回数ではなく、相手の気持ちや性格をきちんと把握した上で、メールをするということです。

元カレが、マメにメールを返信するタイプか、放っておいてほしいタイプなのか、などによっても、こちらからメールをする回数は変わってきます。

メールが苦手な元カレへの対応

付き合っているころを思い出してください。

元カレは、あなたにどんなメールを送ってきていましたか?

こちらから送らないと返信がない、メールは送られてくるけれどひとこと、ふたことで終了、などの場合は、メールが苦手な可能性が高いです。

そんな方には、できるだけメールを送らないほうがよいといえます。

毎日のようにメールが送られてくると、うっとうしい、返信が面倒、などと思われて、あなたへの気持ちはどんどん遠ざかってしまいます。

メールを送る回数は、多くても半月に1度のペースがオススメです。

メールが好きな元カレへの対応

付き合っていたころは、メールを毎日送りあっていた、大した内容ではないけれど絵文字や顔文字などカラフルで楽しいメールがたくさん来た、などの場合は、メールが好きなタイプだといえます。

このような方には、メールをどんどん送っても問題はありません。

ただ、今現在はつきあっているわけではないので、少し抑え気味にして、1週間に2回程度が理想的です。

メールを送ると返信がある場合の対応

元カレへメールを送って返信がある場合は、復縁の可能性が大です。

元カレは、まだあなたへの気持ちが残っているといえます。

こういう状況では、あえてメールを送る回数を減らすことがポイントになります。

返信のスピードも、やや抑え気味にします。

元カレにもっと自分へ興味を持ってもらうために効果的な方法です。

メールを送ると返信がない場合の対応

元カレへメールを送って返信がない場合は、残念ながら元カレのあなたへ対する気持ちは冷めているといえます。

大ゲンカをして別れた直後などはメールを送っても無視されることがよくあります。

こういう場合は、冷却時間を置くことが効果的です。

今は、できるだけ元カレの負担にならないように、そっとしておくのがベストです。

メールを送り続ければ、着信拒否や受信拒否をされることも考えられるので、メールの回数をぐっと抑えることが復縁への近道になります。

メールをかしこく使って復縁のチャンスをゲットしましょう

元カレが読んで楽しくなるようなメールを送れば、あなたとメールをするのが楽しい!と思ってくれるはずです。

メールをかしこく使って復縁のチャンスをゲットしましょう! “元彼と復縁の可能性を高めるメールの回数とは?チャンスを無駄にしないで!” の続きを読む

元彼とよりを戻す、仲直りするためのメールを送る時に注意すべきポイントとは?

誰もが携帯電話を持つ現代社会において、メールというものはもはやなくてはならない物になっています。
メールが橋渡しとなる恋愛もあるでしょうし、別れのきっかけがメールで告げられる、ということもあるでしょう。

男女の関係においても、いまではメールというツールがとても大切なポジションにおかれているのです。
では、よりを戻したい元カレに対してはどんなメールを送ればいいのでしょう?
復縁を望むあなたが元カレへ送るメールについての、注意するべきポイントをご紹介します。

長文のメールは注意

もし、別れた元カレから唐突にとても長い文章のメールが届いたらどう思うでしょう?
中身が多ければ多いほど、うんざりしてしまって読む気もなくしてしまう場合がほとんどではないでしょうか。

元カレに対して未練があるときは、それはそれで嬉しいものかもしれませんが、ある程度冷却期間が過ぎているときの場合などは、「どうして?」「何のつもり?」と、元カレに対してマイナスイメージの追い討ちをかけてしまいます。

ですからこの場合、元カレに対する未練を感じさせない内容のメールを出来るだけ短い文章にしぼって送る方が効果的なのです。

画像添付でメールに華やかさを

文字だらけの真っ黒なメール画面より、所々に散りばめられたかわいいアイコンがある方が、見た目にも華やかになります。
メールを送るということは元カレに読んでもらわなければならないのです。

少しでも元カレの興味を引くことが出来るかどうかがポイントになります。
絵文字に限らず、写真の添付でも十分に効果はあります。

この時に、彼の知らなかったあなたの別の一面を見せることが出来れば、復縁に一歩近づいたと言えるでしょう。

元カレからの返信を催促するよなメールは送らない

別れてしまった彼とあなたの関係というのは、「恋人」ではなく「他人」です。
そんな「他人」になってしまっている彼に対して返信を求めるようなメールを送ってしまうと、彼にとっては結構なストレスになります。

特に「?」を使う疑問系のメールで送るメールというのは、元カレからの返信を前提になってしまっています。
このようなメールをもらった元カレは無視をしようか、何か返信をした方がいいのかと考えてしまいます。
逆に、あなたの方も返信がないことで変な焦りのようなものが出てくるでしょう。

おわりに

今回、メールをきっかけに元カレとよりを戻すときのポイントを3つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
上記をすべて完璧にこなしたからといって、絶対に復縁が出来るというものではありませんが、こういった相手を思いやったポイントを抑えておかないと、復縁はどんどん遠のいてしまいます。

彼を求めるあまり焦る気持ちもあるでしょうが、そこはグッと抑えて冷静になることが重要です。 “元彼とよりを戻す、仲直りするためのメールを送る時に注意すべきポイントとは?” の続きを読む

復縁メールの駆け引きでもう一度元カレに会いたい!

もう一度元カレに会いたい!

恋愛には駆け引きがとても大事です。
自分の主張ばかりではなく相手を思いやることが必要です。
それは復縁を望むときにも同じことが言えるでしょう。
特にフラれた後はどうしても復縁したい、話をしたいという気持ちが強くなりがちです。
その気持ちを抑えることがとても重要になっていきます。

別れた後すぐの復縁メールは良くない

復縁を望む側は、どうしても相手とやり直したいという気持ちをしつこく考えがちです。
元カレは別れたばかりなのに復縁など考えられないと思うことが多いでしょう。
復縁の話でなくても別れてすぐ元カレにメールや電話することは望ましくありません。
別れてすぐに元カレの連絡先をアドレス帳から消す人も少なくないでしょう。
思い出したくない元カレからの連絡は不快を感じ、連絡がエスカレートするとストーカー扱いをされ二度と会いたくないと思わせてしまうので気を付けましょう。

別れがキレイなら元カレと会うチャンスが!

よく同窓会で初恋の人と再会し、恋愛感情が蘇ったよみがえったという話を聞きます。
復縁も同様に別れをきれいに締めくくっていれば、再会したときに付き合っていた頃の恋愛感情がよみがえるることがあるかもしれません。
人間は昔の良かったことを美化して思い出す傾向があります。
この考えを利用して再度アタックしてみましょう!

忘れた頃に元カレに連絡を

何年もするとメールアドレスや電話番号が変わってしまう可能性があります。
ある女性の経験談なのですが、女性の夫はその女性の名前をインターネットで検索したそうです!
たまたまホームページを開いていた為、女性のメールアドレスに漕ぎ付き、連絡をとってきました。
その後とんとん拍子で同棲、結婚が決まり現在に至っています。
今はフェイスブックなど個人が確定しやすいサイトなどがあるので、それを利用して昔の大好きだった人を思い出し連絡を取ってみましょう。
元カレがもしフリーであれば、返信が来るかもしれません。
住所を知っていれば、年賀状で今の自分をアピールしてもいいでしょう。
とにかく、元カレに自分の連絡先を知ってもらうことが大切です。
マメな連絡より久々の連絡の方が復縁に効果的です。

「元カレに会いたい」を叶えよう!

復縁はなかなかうまく行かないことを前提にいろいろな手段をとってください。
ダメもとで考えていた方が気持ちも楽です。
恋愛をたくさんし自分自身を成長させていきましょう。
復縁がうまく行かなくても、素敵な恋愛につながるはずです。 “復縁メールの駆け引きでもう一度元カレに会いたい!” の続きを読む