別れた元彼と友達関係?それとも音信不通?復縁の可能性がこんなに違う!

復縁するために大事なことの一つに、2人の距離間というものがあります。
2人の関係には色々なケースがあると思います。
今回はそれら一つずつを見ながら、どういう風に復縁すればいいかを紹介していきます。

フレンドリーな友達関係の場合

別れてからも仲良く接している場合は、別れの原因をもう一度見つめなおしましょう。
今でも仲良くしているのに、一度別れを決意する何かが2人の間にあったということは、その別れの原因がとても重大であったということを意味しています。

簡単に許せるものだったら、別れずに解決できたはずだということを示しているのです。
今ならその別れの原因を解決していて、2人の間にもう問題はないということを、彼にできるだけアピールするようにしましょう。
「それならもう一度付き合おうかなあ」と彼に思わせることが大事です。

仲のいい友達という関係は、他の女性よりも一歩彼に近い場所にいるということを忘れないで下さい。
それはあなたの大きな強みになるポイントです。

たまに連絡する程度の友達の場合

つかず離れずの位置にいて、彼のことを深く理解してくれているという、あなたの存在は彼にとってとてもちょうどいい存在だと思います。

だからこそ、この場合、復縁を申し出るということはとても勇気のいることです。
「俺の事を理解してくれてる人だし」とOKされる場合もありますし、逆に気まずくなってしまう場合もありますし、その可能性は正に半々なのです。

別れた原因を今なら解決していて、信頼関係が2人の間にきちんとあることを、短期間の間にしっかりと伝えるようにしましょう。
長引かせると復縁できる可能性が下がります。

連絡もしていないような関係

接点がないのに復縁したいとあなたが思った理由は、友達などから話を聞いた場合か1人になって向き合った場合のどちらかではないでしょうか。

1人になって向き合った場合は、彼にアプローチした場合、今まで連絡を取らなかったギャップと相まって、彼に大きな衝撃を与えるでしょう。

いきなり復縁したいというのではなく、別れてからのお互いのことを話したりして、2人の心の距離を縮めてからにしましょう。
もし、友達から話を聞いた場合は、友達の話をしっかり聞き、情報をしっかり収集してから、彼と会うようにしましょう。
別れてからあなたがどういう風に過ごし、どんな風に彼と復縁したいと思ったかを、しっかりと誠実に彼に伝えてください。

おわりに

ご覧のように、どんな関係にあるかで少しずつ対処法が変わることが分かると思います。
だけど共通して言えることは、一度深く付き合ったことのある関係というのは、あなたにとっても彼にとっても大事な位置にあるということです。
もう一度2人が向き合って付き合うことができるように、がんばってください。 “別れた元彼と友達関係?それとも音信不通?復縁の可能性がこんなに違う!” の続きを読む

元カレとよりを戻すたった2つの方法とは?今からでも間に合う!

今は残念ながら別れてしまっているとしても、復縁するチャンスは必ずあります。
もう一度あのころのように、大好きな彼に自分と向き合ってほしい、気持ちを通い合わせたい、そんな願いを胸に秘めている方にオススメの2つの方法を紹介します。

ドキドキ感を演出する

付き合い始めたころは、お互いにドキドキして、目も合わせられなかったり、手が触れるだけでハッとしてして戸惑ってしまったり、元カレの一言一言に喜んだり悲しんだり・・・そんな経験をしていたことと思います。

元カレのことをもっと知りたい、もっと自分のことを知ってもらいたい、そんな気持ちがあるからこそ、大好きな彼といると常にドキドキしてしまうのです。

恋愛において、このドキドキ感はとても重要視されています。
ドキドキ感が薄れてしまうと、お互いが空気のような存在になってしまい、恋人呼べるような特別な存在とは思えなくなってしまうからです。

もう一度、彼に振り向いてもらいたい、そう願っている方には、彼にドキドキ感を持ってもらうことがとても大切になってきます。
ドキドキ感を持ってもらう方法としてオススメなのは、前と比べて変化した自分を彼に意識してもらうことです。

髪型やファッションの雰囲気を変える、、話し方やしぐさを変える、などで、彼に前とは違う自分を見てもらいましょう。
元カノが以前よりキレイになっていたら、ドキドキすることは必須です。

信頼してもらえる女性になる

もし、別れ際に、元カレの信頼を傷つけてしまっていたら、心をこめて謝ることから始めましょう。
別れてすぐの彼は、あなたに対して悪いイメージでいっぱいなので、謝ることに全力を傾けるのが効果的です。

そして、彼の気持ちが落ち着いてきたころに、彼にもう一度自分へ気持ちを振り向いてもらうようにします。
そのときのポイントは、自分のことを信頼してもらうことに尽きます。
もう一度信頼関係を損ねてしまうと、復縁できない可能性はとても高まってしまいますので、彼と接するときは注意が必要です。

彼に信頼してもらえる女性になるために気をつけることとしては、感情的にならないということです。
感情的になってしまうと、元カレのプライドを傷つけてしまったり、自分の欠点を彼に大きく見せてしまうことにつながります。
感情的にならないコツとしては、余裕を持って行動することが大切になります。

元カレのことを考えて行動することを意識していると、だんだんと彼からの信用度が高まって、いつも一緒にいたくなる女性だと認識してくれるようになります。

あなたの気持ちはきっと伝わる

あなたが変われば、あなたの彼への一途な気持ちは、必ず彼に伝わります。
新しいあなたで彼と向き合えば、別れなければよかった、もう一度付き合おう、そんな気持ちを彼に持ってもらえるはずです。 “元カレとよりを戻すたった2つの方法とは?今からでも間に合う!” の続きを読む

元彼と復縁の可能性を高めるメールの回数とは?チャンスを無駄にしないで!

理想的なメールの回数って?

復縁を願う女性に多い悩みの1つが、メールの回数です。

メールを多くすればするほど効果的、だと思われている方がたくさんいますが、残念ながらそれは間違いです。

反対に、全くメールをしない、というのも間違いです。

大切なことは、回数ではなく、相手の気持ちや性格をきちんと把握した上で、メールをするということです。

元カレが、マメにメールを返信するタイプか、放っておいてほしいタイプなのか、などによっても、こちらからメールをする回数は変わってきます。

メールが苦手な元カレへの対応

付き合っているころを思い出してください。

元カレは、あなたにどんなメールを送ってきていましたか?

こちらから送らないと返信がない、メールは送られてくるけれどひとこと、ふたことで終了、などの場合は、メールが苦手な可能性が高いです。

そんな方には、できるだけメールを送らないほうがよいといえます。

毎日のようにメールが送られてくると、うっとうしい、返信が面倒、などと思われて、あなたへの気持ちはどんどん遠ざかってしまいます。

メールを送る回数は、多くても半月に1度のペースがオススメです。

メールが好きな元カレへの対応

付き合っていたころは、メールを毎日送りあっていた、大した内容ではないけれど絵文字や顔文字などカラフルで楽しいメールがたくさん来た、などの場合は、メールが好きなタイプだといえます。

このような方には、メールをどんどん送っても問題はありません。

ただ、今現在はつきあっているわけではないので、少し抑え気味にして、1週間に2回程度が理想的です。

メールを送ると返信がある場合の対応

元カレへメールを送って返信がある場合は、復縁の可能性が大です。

元カレは、まだあなたへの気持ちが残っているといえます。

こういう状況では、あえてメールを送る回数を減らすことがポイントになります。

返信のスピードも、やや抑え気味にします。

元カレにもっと自分へ興味を持ってもらうために効果的な方法です。

メールを送ると返信がない場合の対応

元カレへメールを送って返信がない場合は、残念ながら元カレのあなたへ対する気持ちは冷めているといえます。

大ゲンカをして別れた直後などはメールを送っても無視されることがよくあります。

こういう場合は、冷却時間を置くことが効果的です。

今は、できるだけ元カレの負担にならないように、そっとしておくのがベストです。

メールを送り続ければ、着信拒否や受信拒否をされることも考えられるので、メールの回数をぐっと抑えることが復縁への近道になります。

メールをかしこく使って復縁のチャンスをゲットしましょう

元カレが読んで楽しくなるようなメールを送れば、あなたとメールをするのが楽しい!と思ってくれるはずです。

メールをかしこく使って復縁のチャンスをゲットしましょう! “元彼と復縁の可能性を高めるメールの回数とは?チャンスを無駄にしないで!” の続きを読む

元彼とよりを戻す、仲直りするためのメールを送る時に注意すべきポイントとは?

誰もが携帯電話を持つ現代社会において、メールというものはもはやなくてはならない物になっています。
メールが橋渡しとなる恋愛もあるでしょうし、別れのきっかけがメールで告げられる、ということもあるでしょう。

男女の関係においても、いまではメールというツールがとても大切なポジションにおかれているのです。
では、よりを戻したい元カレに対してはどんなメールを送ればいいのでしょう?
復縁を望むあなたが元カレへ送るメールについての、注意するべきポイントをご紹介します。

長文のメールは注意

もし、別れた元カレから唐突にとても長い文章のメールが届いたらどう思うでしょう?
中身が多ければ多いほど、うんざりしてしまって読む気もなくしてしまう場合がほとんどではないでしょうか。

元カレに対して未練があるときは、それはそれで嬉しいものかもしれませんが、ある程度冷却期間が過ぎているときの場合などは、「どうして?」「何のつもり?」と、元カレに対してマイナスイメージの追い討ちをかけてしまいます。

ですからこの場合、元カレに対する未練を感じさせない内容のメールを出来るだけ短い文章にしぼって送る方が効果的なのです。

画像添付でメールに華やかさを

文字だらけの真っ黒なメール画面より、所々に散りばめられたかわいいアイコンがある方が、見た目にも華やかになります。
メールを送るということは元カレに読んでもらわなければならないのです。

少しでも元カレの興味を引くことが出来るかどうかがポイントになります。
絵文字に限らず、写真の添付でも十分に効果はあります。

この時に、彼の知らなかったあなたの別の一面を見せることが出来れば、復縁に一歩近づいたと言えるでしょう。

元カレからの返信を催促するよなメールは送らない

別れてしまった彼とあなたの関係というのは、「恋人」ではなく「他人」です。
そんな「他人」になってしまっている彼に対して返信を求めるようなメールを送ってしまうと、彼にとっては結構なストレスになります。

特に「?」を使う疑問系のメールで送るメールというのは、元カレからの返信を前提になってしまっています。
このようなメールをもらった元カレは無視をしようか、何か返信をした方がいいのかと考えてしまいます。
逆に、あなたの方も返信がないことで変な焦りのようなものが出てくるでしょう。

おわりに

今回、メールをきっかけに元カレとよりを戻すときのポイントを3つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
上記をすべて完璧にこなしたからといって、絶対に復縁が出来るというものではありませんが、こういった相手を思いやったポイントを抑えておかないと、復縁はどんどん遠のいてしまいます。

彼を求めるあまり焦る気持ちもあるでしょうが、そこはグッと抑えて冷静になることが重要です。 “元彼とよりを戻す、仲直りするためのメールを送る時に注意すべきポイントとは?” の続きを読む

彼氏と喧嘩ばかり!別れても大丈夫!仲直りの方法とは?

付き合っていた人と大げんかをしてしまった、そういった場合どうやって復縁に持っていけばいいのでしょう。
大きなカギは「感情」を鎮静化させることが前提になってきます。

大きなケンカは「感情」のぶつけあい

自分が正しいと思っていることをどうやって相手に正当化させてやろうとしているのがケンカの状況です。
傷つくことを言われた、と落ち込むのは違います。傷つくことをお互いにぶつけているのですから。

喧嘩両成敗という言葉があります。
自分も悪いけど相手だって悪いと思う気持ちはわかりますが、復縁を考えるのであれば一旦冷静になることを第一にしましょう。

ケンカの時のきっかけは、しっかり考える事

ケンカと言うものはきっかけを忘れてしまって他の事まで巻き込んでしまっていることが多いです。
言ってしまったことは仕方がないですが修復を考えるのであれば、ケンカのきっかけはどこにあったのか、何だったか、原因は?自分の謝らなければならないところは?などしっかりと頭の中を整理して話すことが大事です。

相手の感情が落ち着いたら謝罪する

ケンカ相手ももちろん感情的になっています。
逆に冷め切っているときは誤っても効果はないと言えます。
相手の感情を逆撫でしないように自分の言葉で謝りましょう。

相手もプライドがあります。しっかり謝罪してプライドを傷つけたことを謝りましょう。
そして相手の感情が落ち着いた時ケンカのきっかけについての謝罪をするのがベストなタイミングです。

謝った後に何を目指すのか。
ケンカからの復縁はおおまかにこうなります。

1相手のケンカに対する感情が落ち着く

前に説明したとおり感情的な時には何をしても無駄になります。

2ケンカのきっかけについて謝り、和解する

根本をしっかり謝り、一件落着させておきましょう。

3気まずい雰囲気を無くす

ケンカが終わっても雰囲気はすぐにはよくなりません。
少し気分を変えて今までの雰囲気を変えるといいですね。

4楽しい雰囲気に変える

話がしやすいように話題を変えたりこの先の予定などにシフトチェンジしましょう。

5失った信用を取り戻す為に、日常的に会えるような関係を構築する

ケンカをして仲直りをしても失った信用はなかなか取り戻せるものではないのが実状、定期的にあって重くないライトな感じで会いましょう。
その時に相手に未練や、上から見られることは厳禁です。

6相手の恋愛感情を取り戻す。

ケンカをして行き違いを感じている相手です。
揺れている感情もあるでしょう。
こういう場合は「追いかけさせる」ことが大事になります。
自分にとって居なくてはいけない存在なんだ、どこかに行ってしまうかもと思わせることも大事です。
自分をしっかり持って居ることで輝きを保つことも大事です。

最後に。

あくまでも一般的なケンカ別れの場合の復縁です。
一番の特効薬になるのはあなたの素直な気持ちです。
プライドも大事ですが相手を思いやる心が愛を育みます。
しっかりと悪いと思うことは謝る。
それだけのことです。
素直になって良い恋愛をしてくださいね。 “彼氏と喧嘩ばかり!別れても大丈夫!仲直りの方法とは?” の続きを読む

彼氏にフラれた後、失恋から立ち直り復縁へと歩み出す方法とは?

今までお付き合いした中でも、一番大好きだった彼からの突然の別れ。
精神的なダメージが大きく、もうなかなか立ち直るには難しいと思います。

人は自分の身近にあるものの大切さに、なかなか気づけない愚かな生き物です。大切にしているつもりでもマンネリ化した関係では、相手を邪険に扱ってしまったり、どこが好きだったのか忘れている時もあります。

分かれはそんな関係を一度リセットするためにも必要なのかもしれませんが、いざそんな状態になると受け入れるのには相当な心の苦しみを体験しなくてはなりません。
そんな時、どのように失恋から立ち直り、復縁へ向けて気持ちを前向きにさせるのかをアドバイスしていきたいと思います。

失恋から立ち直り、復縁するための極意

失恋から立ち直るには大まかに分けて2つの方法があります。

「過去の恋愛を断ち切って、新しい恋をする」
「どうしても元彼が好きなら、復縁に向けて努力する」

もう誰も好きになんかなれない、そう思っていても、きっとまた恋ができます。
そこで上記の方法に絞って説明していきます。

・過去の恋愛を断ち切って、新しい恋をする

あなたの過去の恋愛を思い返してみてください。片思いを含めたくさんの恋をしてきたと思います。
恋愛には出会い方なんて関係ありませんので、会社やいつも通うカフェ、通勤などでも沢山の人の中に、あなたが将来お付き合いする人が隠れているかもしれないのです。

恋愛はただ待っているだけでは始まりませんので、失恋して落ち込んだ気持ちが少し落ち着いたら、他の男性に目を向けてみて下さい。
元彼以外好きになれない、好きになんかなりたくないと拒否反応があるかもしれませんが、合コンや会社の飲み会、習い事などに積極的に顔を出してみて下さい。
元彼が理想の相手だとしても、他にもっとフィーリングの合う男性があなたを待っているかもしれませんよ。

・どうしても元彼が好きなら、復縁に向けて努力する

一度は別れてしまった間柄でも、もう一生元彼とお付き合いできないなんてことはありません。

離れることでお互いの大切さが身に染みることもありますし、新たにお付き合いしてもついつい元恋人と比べてしまうなど、ふとした瞬間に過去の恋愛に気持ちがタイムスリップすることもありますが、こう思う人は明らかに過去の恋人に未練がある証拠です。

こう思ってもらうには、別れ方が一番のキーワードになってきますが、穏便に、きれいに別れる事ができたかどうかにかかっています。
復縁したいならやってはいけないNG行動は

・別れてからすぐに自分から連絡を取る
・寂しいとぐちぐち言い募り、どんなに彼の事を好きかをアピールする
・ケンカ越しの態度で彼に接する

など、彼を困らせる行動を取ると復縁への可能性はどんどん減っていきますので注意しましょう。

復縁したいのなら、どうすればいいの?

まずは彼を好きという気持ちを一旦封印して、そのエネルギーを自分を磨く事へ向けるようにします。

彼との別れの原因になった部分を直したり、自分に足りない部分を成長させ、今までの自分と違った面を見つけることで、元彼とまた復縁に向けて出会うことになった時、さらに魅力的なあなたでいることができます。

おわりに

正直いって、新しい恋をする方が復縁するより簡単ですが、彼しかいないという気持ちが強いのなら、自分自身を替えることが必要です。
彼に、何であの時別れてしまったんだろう?と思わせるようなステキな女性になって下さいね。 “彼氏にフラれた後、失恋から立ち直り復縁へと歩み出す方法とは?” の続きを読む

復縁に効果的なアクセサリーは?パワーストーンの持つエネルギーとは?

天然石(パワーストーン)というものをご存知でしょうか?
今では身につけている方もとても多いので、見聞きしたことがある人がいらっしゃるのではないかと思います。
中には復縁を成功させるパワーストーンというものもあります。

けれど

「パワーストーンに復縁成功の力があるの?」
「アクセサリーのようなもので復縁できるなら苦労はないのだけど。」

と思われるかもしれません。

本当のところパワーストーンで復縁はできるのか?
実を言うとその答えは『パワーストーンで復縁はできない』となってしまいます。
なんだ、と思われるかもしれません

そうです実際には『パワーストーンをただ付けているだけで復縁が成功するわけではない。』ということなのです。
パワーストーンは、なにかに取り組む気力・モチベーションをあげてくれたり、よりよい自分になるための自分磨きのために一歩踏み出す力を与えてくれたりするのです。
パワーストーンをただ身につけているだけで突然復縁できるというものではないのです。

科学的にこそ証明されていませんが、人は太古の昔よりパワーストーンの力を尊びその魅力に取りつかれてきました。
パワーストーンの力は人の幸不幸を左右するくらいのものなのです。
そんなパワーストーンの力をいかんなく発揮するには、身に付けるだけでなく自分を向上させる努力をすることが大切です。
こうしたパワーストーンの中から復縁に効くものをご紹介したいと思います。

ローズクオーツ

恋のお守り、よりよい恋を引き寄せてくれる石として名高いローズクオーツ。
この石の柔らかい波動は愛を引き寄せます。
心の傷をいやして前向きになれる石です。

悲しみに沈んだ心を優しく癒やして心の重荷を取り除いてくれるパワーストーンです。
前に進むために、いつまでも罪悪感に囚われる気持ちを溶きほぐしてくれるパワーストーンでもあります。
心のきずなの大切を教えてくれるパワーストーンですので、相手と会う時に身につけることで心のバランスがとれて素敵な会話ができるようになります。

インカローズ

このパワーストーンは冷えてしまった愛を温めなおして復縁させてくれる力があります。
意味はその名の通り「バラ色の人生」です。
冷めてしまった関係をバラ色に燃え上がらせてくれるこの石を身につけることで、復縁へのきっかけがつかみやすくなることでしょう。

アクアマリン

このパワーストーンは相手と自分を調和する力をもっているので復縁のきっかけを与えてくれます。
トラウマを癒してくれるのでコミュニケーションを助け、素直に相手と向き合う手助けをしてくれます。
特にメールなどの文字での交流に良い結果を残してくれるでしょう。

アメジスト

異性を惹きつけて真実の愛をもたらしてくれるパワーストーンです。
この石はつけた人の考えと行動を統一してくれる力があります。
不安を取り除き持ち主の心の状態をよくしてくれるので、未練がましくなったり追い縋ったりしたくないときにつけてみて下さい。

まとめ

最初にも言いましたがパワーストーンはただ身につけていたらいいのではありません。
悲観したり不安に思いがちな時、前向きになって自分を磨いていこうとがんばりたいときに、モチベーションをあげてくれるものとして活用することで、復縁の可能性をあげることができるものなのです。 “復縁に効果的なアクセサリーは?パワーストーンの持つエネルギーとは?” の続きを読む

元彼を諦められない、忘れられない、そんな時は感情リセットが肝心?

別れた彼ともう一度やり直したい…。
そう考える人は、「また元の関係に戻りたい」と思っていませんか?
でも、それは不可能であることをしっかり受け止めてください。

なぜなら、彼は「元の関係」が嫌になってあなたと別れることにしたのです。
今のあなたは、彼の嫌がることを望んでいることになります。

では、復縁は不可能なのか?
決してそうではありません。

復縁とは、「感情のリセット」だと捉えることができれば、復縁も不可能ではありません。
つまり、「元の関係に戻る」のではなく、「新たに彼と恋愛を始める」という心構えが大切なのです。
では、実際に何をすればよいのかを考えていきましょう。

彼にあなたのことをもう一度好きになってもらうこと

それができていれば悩んでなんかいない!と思われるかもしれませんね。
しかし、これは本当に大切なことなのです。
あなたが彼のことを十分好きなのはよくわかりました。

では、今のあなたを彼は好きになってくれるでしょうか?
「好き」には段階がありますよね。
まずは、この人といると楽しいといった「好感」をもつ感じ。

次に、この人と話せないと寂しい、今、何をしているのか気になる、といったいつも頭の片隅にいる存在。
これらの段階を経て、会いたい、触れたいなどの「恋愛対象」になります。
こうしてみると、恋愛対象=追いかけたい対象であることがわかりますね。

そう、つまり、あなたは彼にとってもう一度追いかけたい存在になる必要があるのです。
では、そのためには、あなたはどうすればよいのか?

ずばり「追いかけない」ことです。
男性は追いかけれれると逃げたくなるものなのです。
また、あなたがまだ彼のことを引きずっていると知られることは、彼にとっては「すでに手に入れた」のも同然なので、追いかける必要がなくなってしまうのです。
まずは、恋愛の初期の段階に戻って、彼に好感を持ってもらい、気になる対象にならなければなりません。

新たに関係を構築すること

復縁は、決して元の状態に戻ることではないことは、わかっていただけたでしょうか。
そのためには、彼に依存したり、期待したりしてはいけません。

なぜなら、それでは前の関係性でのあなたと彼の状態だからです。
あなたは、誰かを好きになってすぐにその人に依存するでしょうか?

または、出会ったばかりなのに、あなたに大きな期待をする男性をあなたは好きになるでしょうか?
どうか「初恋」の状態を思い出してください。

未練ではなく好意を伝える

あなたに会いたい、あなたと話せなくて寂しい…。
これは、未練です。決して、彼に未練を伝えてはいけません。
それでは、好意を伝えるとはどういうことなのか?

それは、あなたのこういうところを尊敬している、あなたを信頼している、ということを伝えることです。
では、未練とどう違うのでしょうか?

それは、未練は、相手を所有することを前提としている、というところがポイントです。
未練も愛情の一部であることは確かです。

しかし、新しい関係を目指すあなたにとって、相手を所有しようとしていることを彼に感づかれてしまっては、追いかけてもらうことができないのです。
ただし、間違ってはいけないのは、だからと言ってそっけない態度をすればよいのかというとそうではありません。

あなたの彼に対する好意や尊敬していることはどんどん伝えましょう。
ポイントは、彼の立場を考えたときに、その言葉をもらってうれしいかどうかを考えながら伝えることです。

最後に

復縁と新しい恋愛を始めることは、同じことです。
違いは、あなたの場合は、たまたま同じ相手であるということ。
彼との関係を一度リセットして、恋愛の初期の段階に戻る気持ちで挑んでください。 “元彼を諦められない、忘れられない、そんな時は感情リセットが肝心?” の続きを読む

「友達になろう」元彼から衝撃の一言!一度別れて友達から復縁は可能か?

別れ際に元カレから「友達になろう」と言われた...。
嫌いになって別れたわけではない場合や自分から別れを切り出したわけではない場合、相手への恋心を断ち切ることが難しい女性も多いのではないでしょうか。

別れても忘れることが出来ない、もういちどやり直したい、でもどうすればいいのか分からない……。
復縁したい気持ちはあっても、どうアプローチをしていいのか分からず、かといって諦めて他の人に目を向けることも出来ない。

様々な感情が胸に渦巻いて、身動きが取れなくなってしまっているかもしれません。
恋人同士の関係はそのカップルごとに異なるものであり、万人に共通する復縁の方法はほとんどないのかもしれません。
これからお話しする事柄が、あなたの復縁の手助けに少しでもなればと思います。

1.別れた理由を出来る範囲で理解する

別れたばかりの頃は心が痛んで冷静になることも難しいかもしれません。
けれど彼があなたを手放した理由と、あなたなりに向き合うことは復縁するにあたって大切なことです。

「他に好きな人が出来た」というのが別れの言葉なら、その相手と自分の違う部分はどこか、足りなかったところはどこか。
「お前のそういう所が嫌だ」など直接言われたのであれば、彼と付き合っている時に自分の態度がどれほど相手に苦痛をあたえていたのか立場を置き換えて想像してみる。

特に何も理由を言われなかったのであれば、彼の態度を思い出して顔をしかめたり不機嫌になる時がなかったかどうか、自分が相手を知らず知らずのうちに傷つけていなかったどうかなどを考えてみる。

一人で想像して勝手な思い込みをすることは避けていただきたいですが、多少なりとも省みることは必要です。
別れた理由を直すことが出来れば復縁の可能性は広がりますし、もし復縁出来たとしてもあなたが何も変わっていなければまた同じ結果になってしまうからです。

2.疎遠にならないように連絡を取るか取らないか

復縁を目指す場合、冷却期間を置くか、こまめに連絡を取るか迷うところかもしれません。
これは相手との今までの付き合い方や彼の性格、分かれた理由などにより異なります。
例えば彼があなたにウンザリした様子で別れた場合、すぐに連絡をとってしまっては彼はますますあなたを拒絶してしまうかもしれません。

そんな場合にはある程度の冷却期間が必要な場合もあるでしょう。
ですが期間を置いてしまうと全くの疎遠になってしまい連絡しづらい状況になってしまうことも。
さらに時間が経つごとに、彼の心からあなたへの記憶がどんどん薄れていき「思い出」になってしまった後では復縁は難しいかもしれません。

もしも彼にあなたへの気持ちが少しでもありそうな場合、しつこくならない程度に連絡を取った方がいい場合も多いです。
その時は復縁のことなどには触れず、なるべくさらっとした態度で、何かのついでに連絡したような風を装うのがいいでしょう。

もし彼と連絡がとることが困難な場合は、共通の友人などに協力してもらい、彼の耳にあなたの様子がさりげなく入るようにするのも一つの方法です。

3.彼への感謝を伝える

これは無理に会話にねじ込むのも難しく、あまりに露骨だと引かれてしまう可能性もあるので、話の流れ上可能なら実践してみるのも手かもしれません。

もしも彼と連絡を取ることができたら、別れた悔やみよりも感謝の言葉を。
彼と付き合えて自分が幸せだったことや、昔を思い出させる意味で「前に行ったあの旅行楽しかったよね」などポジティブな言葉を伝えてみましょう。

男性は褒められたり感謝されたりすることを喜びます。
「この子との付き合いも悪くなかったな」と少しでも思ってもらえるようにしましょう。

4・いい女だったと思わせる

彼と別れた後の時間は落ち込んでいるより自分磨きに費やしましょう。
「資格を取る勉強を始める」「お菓子作りの練習をする」「自分の趣味に没頭する」など、何かに集中したり努力している姿はとても魅力的です。
何か頑張れること、自分に胸を張れることなどに積極的に取り組み、自分に自信をつけましょう。

そして彼と連絡を取った時には、いかに毎日充実しているか忘れずに伝えること。
その場合は、あくまで「さりげなく」がポイントです。

彼に認められたいからというよりも、あなた自身が自分の為に輝いていると思わせることが重要なのです。
もしも彼と連絡が取れない立場の場合、共通の友人に協力してもらったり何らかの形であなたの努力が彼の耳にはいるようにしてください。

5・追わない

男性は追われると逃げたくなり、去られると追いたくなる生き物だとはよく言ったものです。
彼から別れを切り出された場合、彼はあなたとの関係に何らかの不満を感じていたことになりますから、自分からぐいぐい押すのは得策ではありません。

彼の中であなたの存在が思い出にならないようにさりげなくアピールし続けることは重要ですが、それが「しつこい」と感じさせるものであってはいけません。

もし連絡を取ったのなら少し焦らして返信したり、さっと早めに話を切り上げたり。
「随分あっさりしてるな」と思った彼は、生き生きと魅力的に過ごすあなたのことを再び気になりだすかもしれません。

「惜しい女を逃した」と彼に思わせることが出来たら、復縁の可能性は一気に広がります。

おわりに

初めにもお話しましたが、復縁に対する完璧なマニュアルは存在しません。
可能性を広げる方法はいくつもあるかもしれませんが、誰にでも当て嵌まり方法だとは言い切れないからです。
彼と付き合ってきたあなたは、マニュアルよりも彼のことを知っているはず。

彼の声のトーンや表情で機嫌がいいか悪いかなどの反応をリアルに感じることが出来るのは、あなた自身です。
好きだという気持ちを大切にし、相手が嫌がることは避け、思いやりを持って彼に接してみてください。 “「友達になろう」元彼から衝撃の一言!一度別れて友達から復縁は可能か?” の続きを読む

離婚の危機!?夫婦間が冷め切る前に復縁する行動を取るべき?

復縁というのは、恋人同士だけの問題とは限りません。
夫婦間にも当然別れはあり、復縁するケースも多くあります。
夫婦の場合には離婚となりますので、そう簡単に決別できる訳ではありません。
つまり、それだけ別れた後も相手と会う機会もあり、復縁をしたいと思えばチャンスはあるのです。
今回は、夫婦間での復縁について考えてみましょう。

1.離婚になる前に復縁する

夫婦の場合は、ある日急に離婚するということは滅多にありません。
徐々にすれ違いが大きくなり、どちらかが言い出して遂に離婚、となるケースが多くなります。
夫婦関係がぎくしゃくし始めたと思ったら、その状態をすぐに修復することが大切です。
一度離婚してしまうと、中々復縁しにくくなってしまいますので、早めに気付いてまだ籍があるうちに行動しましょう。

2. 別居も良い方法

夫婦間では別居しても問題はありません。
何故なら、法律的に夫婦ですので、別々に暮らしているからと言って別れたことにはならないからです。
いつでも会いたい時には会える状態で、しかも冷却期間を置くことができるというベストな方法です。
広い家に住んでいるのなら、家庭内別居というやり方もありますが、毎日生活を同じにしているのでは意味がありません。

3. 話し合いは外か第三者を交えて

夫婦間で話し合う際には、家の中で二人きりだとどうしても感情的になってしまいます。
別居して、それでもまだ復縁したい場合には、自宅以外の場所で話し合い、できれば冷静な立場で信頼できる第三者に中に入ってもらいましょう。
急に話し合うのではなく、お互いの意見をまず第三者に伝えておき、仲裁という立場を取ってもらいます。
その際には、貴女はあくまで復縁したいので、自分の悪いところを治す、ということを伝えておきましょう。

4. 再び同居できたら

もしももう一度同居できることになれば、指摘された悪い部分は治すようにしましょう。
夫婦ですので相手の考えていることは大体分かる様になっているはずですから、相手のことを考えて行動するということはさほど難しいことではありません。
夫側も、一緒に暮らすようになったらある程度の妥協も見えてきますので、「これでもいっか」と思える程度に自己改革をしてみましょう。

おわりに

一度別居をしたことで、お互いに新鮮な気持ちになれて、その後上手くいくという人もいます。
今までのマンネリや悪いところを治して、よりよい夫婦関係を築く為にも、復縁に向けての行動は早めにとって置きましょう。
たかが紙一枚、されど「妻」という立場は絶対的なものなのです。 “離婚の危機!?夫婦間が冷め切る前に復縁する行動を取るべき?” の続きを読む